忍者ブログ
HOME Admin Write

まごの手 瓦版

NPO法人まごの手の活動の様子を綴っていきたいと思います

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月17日(土)

  市民活動センター ここねっと にて行われた

  事例で学ぶセミナー 『市民が支える協働の課題と希望』 にて、

  
  理事長が、事例発表を行いました。

  

  今回は、宇都宮大学の廣瀬教授にモデレーターを務めていただき、

  まごの手の立ち上げ ~ 現在に至るまでの経緯をお話させていただきました。


  

    
  
   
 ===== 以下、理事長と副理事長からの報告です  ===== 
  


 
 


  受講者は、市内のボランティア関係の方が殆どだったとのこと。
   ( 中には、市外から来てくれた方も数名。)


  まごの手として、今までも事例発表等の機会は多々ありましたが、
  今回のように、講座の時間を全てまごの手の時間として深くお話しできる機会は
  初めてに等しく、じっくり話を聴いて理解していただけたという実感があった
  そうです。


  まごの手のサービスの主旨~居場所立ち上げに至った経緯等、まごの手の
 
  あゆみを通して、理事長の想いや考えを伝えることができ、充実した講座になった
  ようです。



 そして、そこから広がった輪



 
     廣瀬教授も、自身が故郷に高齢の親を抱えていることもあり、
       まごの手の活動に深く理解・共感を持っていただいたとのこと。
       すぐに、賛助会員になってくれたそうです。 

    
   
     青年会議所の方からも、まごの手で賛同している 映画 『隣る人』 の
       広報活動に協力いただけるとのお話があったそうです。 

     受講者の中からも、
      

       さっそく、
        まごの手の活動に共感し、活動会員に登録してくれた方が1人。 

       また、
        まごの手に見学に来てくれ、‘たんとんとん‘ に関わってくれようとして
        いる方が1人。
        その方は、もう1人 仲間を連れてきてくれました。
                                          


 こうやって広がった輪に、伝えていくこと (啓発活動) の大切さを実感しますね。


 また、講座後に、市役所の市民活動促進課の職員の方とお話しできたことも
 良かったと 理事長より。 (普段、話す機会が少ないので…) 
 市役所としての考え。 市民活動センターとしての考え。
  
 様々な立場の人の考えを聞き、多面的に物事をみることの大切さを改めて感じた.と
 話していました。


 
    

  とても充実した講座となりました。
  ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。  <( _  _ )>
 

  


   映画 『隣る人』 
    
               ・・・・・・ 大家さんの娘さんが上映のお手伝いをしており、
            いい映画なので、まごの手としても、広報活動を通して
            応援させていただいています。  

 

      『隣る人』パンフレット



PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

フリーエリア

最新コメント

[09/18 Scottrhync]
[12/03 爱的浇铸]
[11/30 erinichole]
[07/27 不動明]
[06/09 不動明]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  --  まごの手 瓦版 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]