忍者ブログ
HOME Admin Write

まごの手 瓦版

NPO法人まごの手の活動の様子を綴っていきたいと思います

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5月19日(土)

まごの手メンバー5人で行ってきました  寄付ハイク 
     寄付ハイクとは、
       ハイキングを楽しみながら、県内の各NPO法人の活動を知り、
       支援しようとするチャリティーイベントです。


今回の開催地は、  ……栃木市……
  「春の太平山いなか歩きコース」と、 「蔵の街とちぎ 散策コース」 とに分かれ、
  それぞれにハイキングを楽しみました。

 
まごの手メンバーは5人とも、「蔵の街とちぎ 散策コース」 での参加。

4a3d8c21.jpeg













 
巴波川沿いを歩きながら、蔵の街(小江戸)を満喫 
栃木市では、同日に映画祭も催されており、所々で、イベントに賑わっていました。
  
ハイキング終了後は、公園にて昼食 
その後、各団体のPRタイム
そして、それぞれに寄付をして終了となりました 

                                       

以下、参加された方の感想です


  E・K   日程間近になって参加を決めたので、終わってからもっといろんな人に声かけす
        れば良かったと思いました。
        栃木市の町は個人的に何度か歩いた事がありましたが、改めて知ったところも
        有り、観光案内のボランティアガイドの方の説明付きだったのが良かったです。
        そして歩きながら他団体との交流や、公園での団体紹介など、知る事が出来
        良かったです。
  
      

     K・K   初めての寄付ハイク、楽しかったです。車いすの方も大勢おり、自分も(車いすの)
        Hさんを押して感じたのですが、ちょっとした段差でも大変だなーと思いました。
        佐野の町ももっと楽に動けるようになってほしいですね。
        第5回の寄付ハイクも楽しみです。



     E・M      いつも「介護は遠い世界のこと」「制度外の在宅支援なんて説明を聞いてもよく分
                  から ない」とプレゼンをするたびに反応が返ってきた。
                  寄付ハイクでは 介護から遠い人にもわかってもらおうと他メンバー二人にアドバイ
          ス をもらい一週間かけてパンフをつくる。
          桜がとてもきれいで、夢の中の花見のような写真をパンフレットに入れてみた。桜と
                  気づ いてくれるといいな。
                  当日、旗やのぼりを掲げている団体もあり、アピールがすごいとおもいながら、スタ
                  ー ト。 ハイクとはいえ、豪華にもガイドさんの説明付の街中歩き。
                  まごの手の宣伝をして寄附につなげなければならないので、歩きながらまごの手の
                  アピールをする。
                  見たところ、もう所属している団体を背負って参加している人が大半と思われる。
                  知っている顔も多い。寄付につなげるのは大変だ~。
                  wちゃんはマイペースのちゃりんこ。かっこいい。2歳とは思えない。
           好天気と、栃木の街が素晴らしい。
                  今まで知らなかった栃木をガイドさんに案内されてウキウキ、他団体の活躍を聞い
                  て 「素晴らしい」とまたウキウキ。
                  まごの手の宣伝を忘れて、人とのふれあいを楽んでいる自分がいた。根っから営業
                 向き きではないのだ。
                  途中、wちゃんは、ママの抱っこ。ちゃりんこは参加者の皆さんで替わるがらるひい
                  てくれた。とても、うれしかった。
          昼食にチョイスした蔵のまち直売所のうずまバーガーとニンジンジュースがとても
                  美味しい。
          プレゼンは語り部で鳴らしたHさんが助っ人として話してくれたので心強い。
               ホームグランドはありがたい。まごの手メンバーがいることでとても安心した。
                  2歳のwちゃんもがんばってくれた。
                  パンフやプレゼンでまごの手のことをどれだけ伝えられたか? 少しでも寄附が寄
                  せられていればいいけれど…
                  私自身はいつもファンドレイジング研修でお世話になっている団体へお財布の中身
                  をすべて、少額ですが寄附してしまった。たぶん、そういう人は少なからずいたので
          はないか?
          まごの手には後程 寄付します。ごめんなさい。
                  感想 たのしかった。まごの手皆で寄付ハイクに取り組めてよかった。
                  皆さま、今後ともまごの手をよろしく。
   


     H・H    ありがとうございました。
        はじめてのたのしいイベントにさんかして、とてもとてもたのしい一日でした。
        私、車いす24年。はじめてのやさしい介護に心うれしく思いながら、栃木市の
        うずまがわほとり・やなぎなみきをながめながら、みなさんとの笑顔でたのしい
        ひととき、ありがとうございました。
        又、みなさんとのおしゃべりしたかったナ…
        またさんかしたいです。ありがとうございました。
        まごの手の 『ひらと』 です。よろしくね。

    

     T・O   2歳の娘と参加しましたが、スタッフの方が娘のペースを大切にしながら誘導し
        てくれたので、娘も飽きずに、逆に街中散策をとても楽しみながら参加できました。
        いろいろな人とのふれあいもとても良かったです。 
        学生の方も多く参加されていて、驚きました。 


 
                                              

今回の 「寄付ハイク」 より、 「まごの手」には、

          13,000円  の寄付金のいただくことが出来ました。

 寄付してくださった皆さま、 企画・実施してくださった「とちぎコミュニティ基金」の皆さま、 

        ありがとうございました。 <(_ _)>

 

 

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 Scottrhync]
[12/03 爱的浇铸]
[11/30 erinichole]
[07/27 不動明]
[06/09 不動明]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  --  まごの手 瓦版 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]