忍者ブログ
HOME Admin Write

まごの手 瓦版

NPO法人まごの手の活動の様子を綴っていきたいと思います

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月26日(日)

とちぎ暮らし応援会の主催による 「放射能に関する勉強会」 が行われました。
県内の地区ごとに開催されている今回の勉強会。
今回、県南地区の会場となったのは、<佐野市社会福祉協議会>でした。

地元の佐野が会場ということもあり、まごの手からも2名が参加させていただきました。
参加した2名より感想をいただきましたので、ご報告いたします。


報告者:管理人


蓑田副理事長

Q 勉強会にて 印象に残った話は、何ですか?

 「α線・β線・y線 それぞれを何が通し 何が通さないか」 の話は聞いていましたが、
 それよりも重要なのは、どれだけ身体に影響があるかだと知りました。
 そして、一番身体に怖いのはα線だということが印象に残っています。


Q  勉強会の感想をお聞かせください。

 放射能が身体にどう影響するか それはすぐに理解できないむずかしい内容でした。
 しかし、本来なら昨年水素爆発が起こった時に、自分のこととしてとらえ、勉強しなければ
 いけないことだったのと気づきました。
 避難されている方々にとって、除染は大きな問題だと思いました。講師の話では、農地の
 除染は反転より、表面をはぎ取ることのほうが有効とのこと。しかし、除染は行政との関わ
 りもありますし、費用も心配でしょう。被災者に寄り添った支援の必要を感じました。
 機会があれば線量計を購入して、家の周りを測ってみたいと思いました。
 このような放射能の勉強会にまた参加したいです。



O・T

Q 勉強会にて 印象に残った話は、何ですか?

 実際に福島の方と生活を共にしている専門の先生だったので、とても現実に沿った情報
 だと感じました。
 食べ物に関して、放射能を意識し気をつけている人ほど 内部被ばく率が低く、
 特に意識していない人ほど 内部被ばく率が高いというお話を聞き、きちんとした情報を
 得て、自分に出来る対策をしていかなければいけないのだと、改めて感じました。


Q  勉強会の感想をお聞かせください。

 何度か 放射能関連の講演や講座に参加していますが、 毎回、講師の方の立場や
 経験から 違った側面の話を聞くことが出来ます。
 今回は、実際に福島の方と生活を共にしながら、放射能が身体に与える影響を調査し、
 現地の方の今に どう寄り添っていくかを考えている先生だったので、報道では示され
 ない、福島の方の現状や大変さを感じることが出来ました。
 毎度ながらに、・・・・・政治・社会の在り様に・・・・・・・・ 複雑な想いを感じます。



37cf4e82.jpeg




 








PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[09/18 Scottrhync]
[12/03 爱的浇铸]
[11/30 erinichole]
[07/27 不動明]
[06/09 不動明]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  --  まごの手 瓦版 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]